ダイビングライフを豊かにするスクーバダイビングギアメーカー

第113回 パラオレポート│総合スクーバダイビングギアメーカーのビーイズム

第113回 パラオレポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第113回 パラオレポート

楽園!

皆皆様、こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

少しずつ気温も上がり、蒸す時期になりますね(>_<)

パラオは通年で平均気温が約28℃、平均湿度が約75%以上!

赤道に近い国ではありますが、周りを海で囲まれているので

「暑苦しいぃー!!過ごしにくいぃー!!」

という感じはしないので、きっと潮風のお陰なのだと思います。



DolphinBayは屋外の施設なので、とても過ごしやすいです♪

そんなBayにお客様が来られなくなり、数か月…

最近は珍しいことが度々、起こるようになりました。

それは、鳥の楽園化に⁉⁉

Bayはロックアイランド(石灰岩で形成された島)に囲まれた場所にあります。

ですので、島に生息する野鳥は普段からよく観察できていました。

ただ、野生の鳥なのであまり近くに来る事はとても珍しかったです。

ここ3ヶ月くらいでちょっと様子が変わって来ました。



アジサシが数十羽の群れでイルカのプールまで小魚を追って飛来したり、キバタンも近くの木に群れで移ったり

ナンヨウショウビンとハシブトゴイが縄張り争いをトレーナーの目の前で繰り広げたり、アナツバメもよく見かけます。

警戒心の強いアオバト(パラオの国鳥でビーブと呼ばれています)もすぐ近くに巣を作ったりと…

とても不思議な空間になりつつあります。

飛行機が戻り、また以前のようにお客様が来られる日が来るまで

今はそっとしておきたいと思います。


マックルグ~


※アジサシ:カモメ科 体調約30cmほど。パラオでは空の魚群探知機!アジサシの群れを追って釣りに出かけます。
※キバタン:オウム科 体調約50cmほど。 長命なのでパラオでは親子3世代に渡り飼っている方も。
※ナンヨウショウビン:カワセミ科 体長約20cmほど。木の枝から海にダイブして魚を捕まえます。
※ハシブトゴイ:サギ科 体調約60cmほど。 狩りが苦手なのか、ベイでは桟橋の上で魚が来るのをずっと待っています。
※パラオアナツバメ:アマツバメ科 体調約10cmほど。パラオの固有種です。
※アオバト:ハト科 体調約30cmほど。とてもカラフルで綺麗なこともあり、国民投票でパラオの国鳥に指定されました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加