ダイビングライフを豊かにするスクーバダイビングギアメーカー

第116回 パラオレポート│総合スクーバダイビングギアメーカーのビーイズム

第116回 パラオレポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第116回 パラオレポート

変わらない日常


皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

パラオに飛行機が来なくなり、7ヶ月になります。

7ヶ月⁉

 

時間は経つのが早いですね。

観光客が来られなくなった今でも、パラオでは今までと変わらない時間が流れています。

 

朝日が昇る前から野生のニワトリが鳴き始め

(パラオに来たことのある方には理解頂けるかと…)

 

割と朝早くから町のRubackが集まり、何やら畑の話やら政治の話をコーヒー片手に盛り上がっていて

(パラオでRubackは年配の男性のことを言います)

 

平日の朝、メインロードは安定の渋滞

(2万人もいない国なんですがね、不思議です!)

 

という事は…

 

夕方は案の定のお買い物渋滞

(よりによって、2つの大型スーパーが道を挟んで向い合っています。そりゃ、みんな同じ所に集まりますよね、笑)

 

夜は割と早めにお家時間!

家族はもちろんですが、急にいとこや親せき、友達がフラっと家に寄って、喋ってご飯たべて。

じゃ、また!  っていうのはよく見かける光景です。

(実際に私も近所に住んでるパラオ人宅にフラっと行って、結果ご飯をご馳走になることがあります^^)

 

とっても穏やかでPeacefulな時間がとても心地がいいです。

そしてあまり大きな変化のない生活が時間を加速させてるのかも!?と考えてみたり…

 

そんなパラオは10月がお誕生日なのです!!

 

が。

 

実は1994年に独立したばかりなので、まだ26才という若い国なんです(>_<)

今後が楽しみですねーっ♪

 

飛行機が再開した暁には、皆さまパラオに是非!

 

 

マックルグ~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加